自分で解決し、必要な情報を集めて有意義な高校留学を

サイトマップ

Study abroad

留学先の国によって異なる単位変換の可否

学生

人々が高校留学をする目的の1つは、編入や単位の変換です。他の学校で学んだ単位などを、別の所で用いるやり方もあるのです。
例えばある日本の高校で学んで、30ほどの単位を得たとします。それを別の学校で用いる事も可能なのです。海外の学校で学び始めるとなると、もちろんゼロからスタートする事もできます。しかし既に30単位を獲得しているなら、それを海外の学校で用いて、30単位取得済みの状態で学び始める訳です。単位が多ければ、卒業期間も縮まるでしょう。ただ、それが可能な所もあれば、もちろんそうでない所もあるのです。それは国に左右されると考えて良いでしょう。
例えばカナダなどは、高校留学先としてよく選ばれます。その国の場合は、日本での単位を用いる事ができる学校が多いですね。ちなみにアメリカ合衆国も、そのような学校が数多くあります。ところがオセアニア諸国にある学校の場合は、それが難しい事もあるのです。米国とは色々と考え方が異なるので、単位変換が難しい学校が多いのも事実ですね。
ですので単位変換を希望するなら、国の選定なども重要なポイントになるでしょう。現在の実情を踏まえれば、やはり北米諸国あたりへの高校留学が推奨されます。

ピックアップ

  • 授業中

    2016/08/08

    高校留学で多彩な方々と接する事による刺激の魅力

    海外にある高校に関する特長として、多彩さが挙げられます。少なくとも日本と比べると、非常に多くの方々と接する事ができます。アメリカなどは、その傾向が顕著です。その国に対しては、よく人種が多彩言われるでしょう。実際その…

TOP